Q 私は、交通事故にあってしまい、治療費や車の修理費用が必要です。しかし、加害者は「そんなに払う必要はないはずだ」と言って支払ってくれません。私が加入している保険会社からは、私の過失がないから保険会社としては示談協議ができないと言われています。

 交通事故に詳しいという知人がいますので,その人に交渉を頼みたいと考えています。知人は特に何かの資格を持っているわけではありませんが,これまで何度も人の代わりに交渉をしてきたそうです。知人からは「ちゃんと取り立てることができれば,それなりのお礼をお願いしたい」と言われていますが、交渉を頼んでも良いのでしょうか。

 A 頼んではいけません。無資格者が報酬目的で他人のために示談協議をすることは違法です。

 法律では、他人の権利について代理人となって請求や支払い条件などについて交渉をしてよいと法律上認められた資格を持っていない人が、反復継続する意思のもと報酬を得る目的で請求や交渉を行うこと(非弁行為)を禁止しています。 これに違反して交渉などを行うと、2年以下の懲役または300万円以下の罰金を科されることがあります。

 これは、代理人となった人への刑事罰ですのであなたが刑事罰を受けるわけではないのですが、証人という立場で裁判に巻き込まれる危険があります。

 Q 分かりました。でも、私には弁護士の心当たりもなく、どこに相談して良いかわかりません。紹介料を払ってくれれば腕の良い弁護士を紹介する、と言っている知人がいますが、紹介してもらっていいのでしょうか。

 A 報酬を得る目的で弁護士を紹介することも、代理人となって交渉することと同様に法律で禁止されています。そのため、紹介料を払って弁護士を紹介してもらうことも違法行為に関与することになります。

 弁護士会では電話での相談や交通事故に関する法律相談を毎週実施しています。交通事故でお困りの場合には、弁護士会が実施している法律相談や、各弁護士の事務所にお気軽にお問い合わせください。

(佐賀市 弁護士 奈良崎真士)

このエントリーをはてなブックマークに追加