東日本大震災から8年となった11日、佐賀県内でも官公庁などで発生時刻の午後2時46分に黙とうをささげ、犠牲者を追悼した。被災地の復興を願うとともに、震災の記憶を風化させないことを確かめ合った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加