佐賀県内の2月の新車販売台数(登録車と軽自動車)は前年同月比3・8%増の3552台で5カ月連続でプラスだった。年度末に向けた決算フェアが好調で、早くも消費税増税前の駆け込みもあるようだ。

 登録車の販売台数は5・6%増の1776台で5カ月連続でプラス。トヨタは2・9%増。ホンダは5・5%増で、マツダは31・8%の大幅増だった。軽自動車は2・2%増の1776台で、5カ月連続でプラスだった。市場に投入された新型車の販売効果や積極的なフェア開催が奏功し、本年度で最多台数を記録した。昨年4月からの累計は3・6%増で推移している。

このエントリーをはてなブックマークに追加