自民党の岩田和親議員(比例九州、佐賀市)が衆院国土交通委員会で質疑に立った。佐賀県の現状を踏まえ、地域公共交通や地方空港といった交通政策について政府の見解をただした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加