会場に並んだ花の苗木を見る来場者=佐賀市の街なか緑地憩いの場

 開催中の佐賀城下ひなまつりに合わせ、街中の緑化啓発をしようと、佐賀市の街なか緑地憩いの場で9日、「春の花はなマーケット」が開かれた。好天にも恵まれ、会場にはお目当ての花を買い求めに多くの来場者が訪れた。

 会場では花の苗木販売に加え、造園のプロによるガーデニング相談や庭木や花のセリ市も開催。木の実工作や木工教室には、多くの家族連れが思い思いの作品を作った。

 写真立てを作った副島凛さん(7)=千代田中部小2年=は「写真立ての周りに木の実をくっつけるのが楽しかった。幼稚園のときの写真を飾りたい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加