福岡県久留米市の市民会館の解体に伴い、廃棄される予定だった同市出身の洋画家、青木繁(1882~1911年)の代表作「海の幸」を模した緞帳(どんちょう)の一部が、青木の遺族らに引き取られ、佐賀大芸術地…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加