鳥栖-F東京 開幕から3連敗を喫した鳥栖。サポーターにあいさつして引き揚げる(左から)DF三丸、FWトーレス、MF松岡、MFクエンカ=東京都の味の素スタジアム

 明治安田生命J1リーグ第3節最終日は10日、東京都調布市の味の素スタジアムなどで3試合があり、サガン鳥栖はFC東京に0-2で敗れ、開幕3連敗となった。

 3連覇を狙う川崎は横浜Mと2―2で引き分け、開幕から3戦連続ドローとなった。新加入のレアンドロダミアンが2ゴールと活躍したが、終了間際に追い付かれた。横浜Mは勝ち点7。

 鳥栖を下したFC東京も勝ち点7。神戸は元スペイン代表FWビジャの2試合連続得点などで仙台に3―1と逆転勝ちし、同6とした。

 第4節は17日にあり、鳥栖は午後1時から鳥栖市の駅前不動産スタジアムでジュビロ磐田と対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加