■応援職員に遠慮、退職者も 東日本大震災で津波が庁舎を襲い、43人の職員を失った宮城県南三陸町。佐賀県からは、多久市が約7年にわたり応援職員を送り続けた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加