単身高齢者など住宅確保に配慮が必要な人が増え、国は連帯保証人が見つからなくても公営住宅への入居を認めるよう自治体に求めているが、佐賀県内では取り組みが進んでいない。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加