夏の参院選の佐賀選挙区(改選1)を巡り、国民民主党佐賀県連代表の原口一博衆院議員(佐賀1区)は9日、候補者選定の状況について「微妙な時期になっているので答えにくい」として言及を避けた。

 佐賀市で同日開かれた県連常任幹事会の後、報道陣の質問に答えた。県連は横尾俊彦多久市長(62)に立候補を打診し、原口代表が直接会って意思を確認する方針を示しているが、面会の有無に関して「そういったことも含めて(言えない)」とした。

 公認3人、支持1人が立候補を予定する県議選に関しては「現有議席は絶対に確保し、無所属も含めて非自民勢力を拡大したい」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加