■避難家族、鳥栖で生活再建 心と家計の痛み抱え 東日本大震災から11日で丸5年を迎えた。佐賀県内では今も60世帯149人が避難生活を続け、「帰還か、移住か」悩みながら歳月を送ってきた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加