佐賀県農業大学校(溝口宜彦校長)の卒業式が11日、佐賀市川副町の同校であり、園芸や畜産を学んだ21人が農業の発展を担う決意を新たにし、2年間を過ごした思い出の学び舎(や)から巣立った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加