農林水産大臣賞を受賞した田中さん(右)と山田町長=江北町役場

 大阪府で開かれた第38回全農肉牛枝肉共励会で、杵島郡江北町の肥育農家田中政弘さん(66)が出品した佐賀牛が、和牛の部で最優秀賞となる農林水産大臣賞を受賞した。

 共励会は、2月1日に開かれ、15道県から和牛97頭が出品された。田中さんが出品した牛肉の重さは約580キログラムで、1キロ当たり4129円の値段がついた。枝肉に張りがあることや、ロース芯の大きさなどが評価されたという。

 田中さんは今月4日に江北町役場を訪れ、山田恭輔町長に受賞を報告。山田町長は「こういった活躍は町が元気になるし、誇りになる」と激励。農林水産大臣賞を受賞するのは2度目という田中さんは、「牛が持っている品格やたたずまいが評価されたと思う」と喜んだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加