来季のB3リーグ参入が認められた佐賀バルーナーズの選手たち

 バスケットボール男子Bリーグ3部(B3)を運営するジャパン・バスケットボールリーグ(JBL)は7日、佐賀バルーナーズ(佐賀市)が来季のリーグ戦に出場できる「B3リーグ公式試合参加資格」に合格したと発表した。

 JBLによると、参加資格は毎年希望するシーズンの前年の11月末までに申請が必要。1年ごとに審査があり、バルーナーズは財務や施設などの規定をクリアしたという。

 来季リーグ戦は9月下旬に開幕し、現時点で12チームが参加予定。上位3チームがB2リーグとの入れ替え戦に臨む。

 バルーナーズは昨年9月にB3リーグ準加盟クラブとして認定されていた。チームはバスケットボール教室など地域貢献活動に取り組み、7月から練習を再開する予定。

 チームには一定数のホームゲーム開催が求められ、佐賀県やホームタウンの佐賀市と連携しながら会場確保に努める。運営会社サガスポーツクラブの竹原哲平社長は「プロとしての意識を高め、新たな戦いに挑みたい」とコメントした。

 佐賀バルーナーズは昨年4月に発足。1年目は社会人地域リーグ(中国・四国・九州)に参戦し、通算成績5勝3敗で9チーム中4位だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加