全日本アンサンブルコンテストに出場する吹奏楽部のメンバー。(右から)江越奈津希さん、末次優花さん、丸田ちひろさん、三島康生さん=佐賀市の昭栄中

 佐賀市の昭栄中吹奏楽部が21日、札幌市で開かれる「全日本アンサンブルコンテスト」中学校の部に、九州代表として3年連続出場する。クラリネットで美しい音色を響かせる4人は、持ち前の一体感をさらに高め、2年ぶりの金賞に挑む。

 メンバーは、経験豊富なリーダー江越奈津希さん(3年)、巻き舌のような細かい動きで音を震わせる特殊奏法「フラッター」が得意な末次優花さん(同)、テンポ感がよく、音程のとり方が巧みな丸田ちひろさん(2年)、手先の器用さを生かした確実な演奏が持ち味の三島康生さん(同)。いずれも、クラリネット八重奏で臨んだ昨年の全国大会を経験した実力者だ。

 アンサンブルコンテストは3~8人構成で、曲は5分以内。今回演奏する「混色のマテリア」は、指導する杉町たまみ教諭が昨年の全日本大会職場・一般の部で、福岡県の吹奏楽団が演奏していたのを聴き「中学生には難易度が高い曲で、際立つ演奏を見せたい」と挑戦を決意。メンバーは地道な練習の成果を発揮し、県大会を突破した。

 九州大会が行われた2月上旬はインフルエンザが流行し、音楽室には加湿器を置くなど体調管理を徹底。本番では、一体感や音色の美しさなどが評価され、桜丘中(鹿児島)とともに全国切符をつかんだ。22校が出場する全国大会では抽選の結果、最後の登場となった。

 杉町教諭は「緊張感が持続する展開の曲だが、ステージの周囲が観客席という素晴らしいホールでトリを務める喜びを力に変えてほしい」とエール。4人は「限られた人だけが立てる舞台。支えてもらった先生方や保護者に、感謝の気持ちが伝わる演奏を見せたい」と張り切る。

このエントリーをはてなブックマークに追加