佐賀県の志岐宣行産業労働部長(右)に要請書を手渡した青栁直会長=佐賀市の自治会館

 連合佐賀(青栁直会長)は8日、春闘の一環で、県に長時間労働是正などの働き方改革の推進や、人手不足が深刻化する公共交通への支援を要請した。

 佐賀市の自治会館で県側に、雇用創出や公契約の適正化などを含む8項目の要請書を提出した。青栁会長は4月施行の働き方改革関連法に触れ「労使間だけではなく、各機関と協力しながら県全体で実効性ある働き方改革を進めたい」と連携を求めた。志岐宣行産業労働部長は「人手確保などの要請項目は新年度予算に組み込まれている。要請は県政運営の参考にし、対応に努めたい」と答えた。

 連合佐賀は佐賀労働局、県経営者協会など五つの経営者団体にも要請書を提出した。

このエントリーをはてなブックマークに追加