ニュウニュウ (c)Chris Lee

 8日放送のNHK・Eテレ「ららら♪クラシック」に、若手実力派ピアニスト・ニュウニュウが登場する。NHK総合で放送中のアニメ「ピアノの森」とのコラボで、作中の演奏を担当するピアニストの一人として、他2人と共演する。21時半~22時。

 番組では、アニメでメインキャラクターの演奏を担当した若手ピアニストの反田恭平・高木竜馬・ニュウニュウが、収録の裏話やピアニストの生活を語る。3人がそれぞれ“音楽”で役柄をどう表現したのかにも焦点を当てる。

 スタジオで演奏する曲目は3人ともショパンで、ニュウニュウが「練習曲集からハ短調“革命”」、反田恭平が「小犬のワルツ」、高木竜馬が「マズルカ 嬰(えい)へ短調 作品59 第3」。

 ニュウニュウは中国出身。上海音楽院、ニューイングランド音楽院等を経て、2018年5月にジュリアード音楽院を卒業。幼少期よりその実力が認められ、名だたるレコード会社と専属契約を結び、注目された。

 ■6月にリサイタル

 ニュウニュウは6月23日14時から、佐賀市文化会館で国内5年ぶりのピアノ・リサイタル(佐賀新聞社、佐賀市文化振興財団主催)を開く。チケット先行発売はウェブ(https://t.pia.jp/kyushu/)で受け付け中。一般発売は17日10時から。問い合わせは佐賀市文化会館、電話0952(32)3000。

このエントリーをはてなブックマークに追加