九州新幹線長崎ルートの未着工区間を巡り、与党検討委員会が6月ごろまでに全線フル規格とミニ新幹線のどちらかの整備方式に絞り込んで素案を示すとしたのに対し、JR九州広報は7日、「今の段階でコメントすることはない。意見を取りまとめるのかはこれから」と述べるにとどめた。

 整備見直しを巡ってJR九州は、時間短縮効果が大きい全線フルを求めている。

このエントリーをはてなブックマークに追加