人口減社会を迎え、中心部に住宅や商業施設、公共施設、病院などを集約する「コンパクトなまちづくり」の必要性が叫ばれている。自治体の活力維持のために大手術を行うということだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加