多賀右金治。幕末、唐津藩江戸詰めの武士で、勝海舟から砲術を学んだり、小笠原長行と共に鳥羽・伏見の戦いにも参加、小笠原胖之助の江戸脱出の際には大刀を進呈するなどしました。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加