嬉野市をPRするウェブサイトと動画の制作で、市とまちづくり会社「嬉野創生機構」が結んだ随意契約は不当などとして、サイトと動画制作の費用999万円の損害賠償請求などを求めた住民監査請求で、市監査委員は請求を棄却した。 請求者の「嬉野をよくする市民の会」に5日付で通知し、6日に結果を文書で回答した。