ロボットシステムの製造などをする「佐賀プラント工業」(北島健郎社長・江北町上小田)が新しい事業所を創設することになり、杵島郡江北町は5日、同社と進出協定を締結した。20年4月に操業を開始する予定。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加