伊万里駅前公園に設置された森永太一郎像と記念撮影する「筋肉もちつき」の男性や「キョロちゃん」ら=伊万里市新天町

オリジナルのお菓子箱を作って記念撮影する子どもたち=伊万里市駅ビル

 森永製菓の創業者で伊万里出身の森永太一郎(1865~1937年)のモニュメントが3日、伊万里市新天町の伊万里駅前公園に設置され、除幕式と記念イベントが開かれた。

 モニュメントは、肥前さが幕末維新博推進協議会が制作した。佐賀市の中心市街地に設置している「佐賀ゆかりの偉人モニュメント」の複製を、博覧会終了後に偉人の出身地の市町に贈呈している。

 市内にはすでに森永太一郎をかたどったモニュメントが3体あり、全て晩年期の胸像になっている。今回設置されたのは壮年期の全身像で、単身渡米して洋菓子の製法を身に付けた太一郎のたくましさが伝わってくる。

 「伊万里スイーツフェスタ」と銘打った記念イベントでは、オリジナルのお菓子箱作りや、森永製菓のチョコボールのキャラクター「キョロちゃん」との記念撮影会、「筋肉もちつき」のパフォーマンスなどがあり、大勢の来場者でにぎわった。

このエントリーをはてなブックマークに追加