前日からの雨があがり、淡い青空がのぞいている。ここは有田の泉山磁石場。 今から400年前、朝鮮人陶工李参平が、この泉山で陶石(磁器の原料)を発見した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加