多久市北多久町小侍の山林が2年前に火災が発生して以降、くすぶり続けている。炭鉱の石炭くずを集めていた「ボタ山」跡で、延焼範囲は約3千平方メートル、地元消防の出動回数は警戒や監視を合わせ180回に上る。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加