スプリングコンサートに向け、ソレイユとの合同練習をする佐賀女子高合唱部=佐賀女子高校

スプリングコンサートに向け、ソレイユとの合同練習をする佐賀女子高合唱部=佐賀女子高校

 全日本合唱コンクールの常連校で2年連続金賞を手にしている佐賀女子高合唱部は、21日午後6時半から佐賀市文化会館大ホールで「第15回スプリングコンサート」を開く。世界的に活躍するラトビアの作曲家エリクス・エシェンヴァルツ氏に作曲を委嘱した「Adoremus in aeternum(永久に讃(たた)えん)」を、同校OGを中心に結成する女声合唱団「ソレイユ」ととも初披露する。客演指揮には松原千振さんを迎える。

 プログラムは4部構成。3部は、エシェンヴァルツ氏による同高合唱部のための新作や、空一面に広がるオーロラをイメージした曲「NorthernLights」など5曲。委嘱した新作はラテン語の宗教曲で、4人のソロによる見せ場もある。指揮を務める樋口久子教諭は「豊かで壮大なとっても美しい曲。より世界に広がっていくと思う」と期待する。

 1部は「郷愁を誘う日本の歌」として、鈴木輝昭の「朱の小箱」や大田桜子の「初恋」など5曲。全日本合唱コンクールで6年連続日本一に輝いたソレイユによるステージは2部。「愛の塔」「マレフィス」などフランス音楽をそろえた。3部は30年を振り返る平成のJポップ6曲。宇多田ヒカルの「Automatic」や星野源の「アイデア」など聞きなじみのある名曲を披露する。

 ▼チケットは一般1000円、高校生以下500円。佐賀市文化会館と佐賀女子高の樋口さんから購入できる。問い合わせは樋口さん、電話0952(24)5341。

このエントリーをはてなブックマークに追加