佐賀大学医学部附属病院は4月、「難治性高血圧外来」を新設する。約半年にわたり生活習慣の改善や、複数の降圧剤を服薬しても目標血圧まで下がらない患者は「難治性」とされ、治療患者の約1割が難治性とされる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加