「あの家には、この世の全てがあるの」-。福岡県の出版社、書肆侃侃房の田島安江代表は遠い目をしてそう言った。潤む瞳の向こうには、何が見えているのだろうか。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加