東京マラソンは3日、東京都庁前から東京駅前のコースで行われ、男子は堀尾謙介(中大)が2時間10分21秒で日本人最高の5位だった。24歳のビルハヌ・レゲセ(エチオピア)が2時間4分48秒で初優勝。日本記録保持者の大迫傑(ナイキ)は29キロ付近で棄権した。

 堀尾と9秒差で6位の今井正人(トヨタ自動車九州)、7位の藤川拓也(中国電力)、8位の神野大地(セルソース)までの4人が9月に行われる2020年東京五輪代表選考会「グランドチャンピオンシップ(MGC)」出場を決めた。男子のMGC出場権獲得者は28人となった。

 冷たい雨の中、中盤までハイペースの争いに加わった日本勢は後半に失速し中村匠吾(富士通)は15位、佐藤悠基(日清食品グループ)は16位に終わった。

 女子はルティ・アガ(エチオピア)が2時間20分40秒で制し、初マラソンの一山麻緒(ワコール)が2時間24分33秒で日本勢最高の7位。前田穂南(天満屋)は12位だった。

 昨年6位で日本勢トップだった佐賀市の吉冨博子(メモリード)は2時間32分30秒の13位でゴールした。

 車いすの部で男子はマルセル・フグ(スイス)が初優勝、女子はマニュエラ・シャー(スイス)が2連覇した。(スタート時雨、気温5・7度、湿度58・6%)(共同)

このエントリーをはてなブックマークに追加