レスリングの国際大会「ダン・コロフーニコラ・ペトロフ」が1、2の両日、ブルガリアのルセであり、鳥栖工高出身の角雅人(自衛隊)が男子グレコローマンスタイル87キロ級で準優勝した。

 同階級には18選手が出場。角は初戦の2回戦、3回戦と順調に勝ち、準決勝はポーランドの選手にTフォール勝ちした。決勝は2017年80キロ級世界王者のマクシム・マニュキャン(アルメニア)にTフォールで敗れた。

 角は国際大会で昨年7月以来のメダル獲得となった。

このエントリーをはてなブックマークに追加