熊本地震や西日本豪雨などの被災地で慰問ライブを続け「仮設の歌姫」として知られる大阪府在住の歌手奥野ひかるさんが4日、岩手県大船渡市の仮設住宅にある集会所を訪れ、ロックやバラードなど7曲を熱唱した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加