日本外国特派員協会で記者会見する大塚家具の大塚久美子社長(右)とハイラインズの陳海波社長=4日午後、東京・丸の内

 経営不振に陥っている大塚家具の大塚久美子社長は4日、資本業務提携で合意した日中の越境EC(電子商取引)を手掛ける「ハイラインズ」(東京)の陳海波社長と東京都内の日本外国特派員協会で記者会見を開いた。久美子氏は提携を通じ「大塚家具が守りから攻めに打って出る態勢が整った」と述べた。

 大塚家具は、久美子氏と創業者で父の大塚勝久氏との対立でブランドイメージが低下、業績や財務体質が悪化した。陳氏は久美子氏に対し、勝久氏との和解を提案している。

 大塚家具はハイラインズなどの支援を受け、中国市場に本格参入する方針だが、経営の抜本的な再建には国内販売の立て直しが急務だ。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加