立憲民主党会派の大串博志氏(佐賀2区)が1日、深夜国会となった衆院本会議で2019年度予算案の可決を前に、会派を代表して反対討論に立った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加