古唐津の柿の文様をアレンジしたアロハシャツ(右)なども並ぶ「わかものやきもの市」=唐津市呉服町

 佐賀県の焼き物文化に親しむ若者向けのイベント「わかものやきもの市」が2日、唐津市呉服町で始まった。昨年に続き2回目でアクセサリーに加え、今回は焼き物の絵柄をアレンジしたシャツやポーチなども販売。「かわいい」と買い求める客の姿があった。

 佐賀県の5市町(唐津市、伊万里市、武雄市、嬉野市、有田町)の焼き物文化の発信のため、ブランド「HIZEN5」を立ち上げ、各産地のプロデューサーをリーダーに大学生や若い女性らと商品開発に取り組んできた。福岡都市圏の働く若い女性をターゲットとし、福岡に近い唐津市で開いている。

 伊万里市の女子中学生(14)は「おしゃれなものがありそう」と期待して来場し、古唐津の柿の文様をポップにデザインしたアロハシャツを購入していた。3日までで、雨天でも開催する。

このエントリーをはてなブックマークに追加