キャッシュレス決済がスタートしたノエビアスタジアム神戸のグッズ売り場=2日

 サッカーのJ1神戸の本拠地「ノエビアスタジアム神戸」(神戸市兵庫区)で2日行われた鳥栖との今季ホーム初戦で、場内で飲食物やグッズなどを購入する際に現金を受け付けない完全キャッシュレス決済がスタートした。来場者の利便性向上などが狙いで、Jリーグの本拠地スタジアムでは初めての試み。

 使用できる決済方法は、QRコードを読み取るスマートフォンのアプリ決済サービス「楽天ペイ」や電子マネー「楽天Edy(エディ)」、クレジットカードなど。この日は売店付近でスタッフが「現金は使用できません」と呼びかけて注意喚起したほか、一部の来場者にEdyカードが配布された。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加