江戸(えど)後期、蘭学(らんがく)や洋学を積極的に取り入れ、日本でも最先端(さいせんたん)の技術(ぎじゅつ)と知識(ちしき)を備(そな)えていた武雄(たけお)の先進性(せい)を紹介(しょうかい)する…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加