地域(ちいき)の農家が先生となり中山間地の農業の特徴(とくちょう)や仕組みを学ぶ出前授業(じゅぎょう)が2月18日、佐賀市富士町(ふじちょう)の富士小(小川徳晃(おがわのりあき)校長)で開かれました。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加