福祉事業所に通う障害者が農業従事者になる「農福連携」の動きが、佐賀県の主力果樹・ミカン栽培で始まっている。佐賀市大和町の生産者と連携し、デコポンの選果作業や畑での堆肥やりなどを担う。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加