きょうの催し

 MIEKO MINTZ(8日まで、佐賀市白山のギャラリー遊)

巡回車

 (3日)

 ◆胃がん・子宮がん・乳がん・大腸がん・肺がん検診 8時=鳥栖市保健センター(予約制)

 ◆献血車 10~16時=鳥栖市・フレスポ鳥栖

 ※検診についての問い合わせは各市町担当課へ。

展覧会

 ◆たのしいひなまつり展

 (16日まで10~17時、江北町のギャラリー「ちゅうりっぷのうた」)福祉作業所の利用者らやスタッフ、ボランティアが作りためたさげもんやつまみ細工、繭玉、紙のリースなど。借り受けた昭和期の屋根付き御殿びなも。期間中休みなし。同ギャラリー、電話0952(86)4520。

講演会

 ◆古賀穀堂「学政管見」講演会

 (10日13時半から、佐賀市の佐賀城本丸歴史館)佐賀藩の教育システムを支えた古賀穀堂の「学政管見」について考える講演会。聴講無料。事前の申し込みは不要で、先着200人。

 国立教育政策研究所の橋本昭彦さんが「学政管見にみる未来を見とおす教育政策づくり」と題し話す。橋本さんや鍋島報效会評議員の大園隆二郎さんらによる鼎談(ていだん)も。同館、電話0952(41)7550。

告知板

 ◆佐賀県がん患者・家族つどいの会

 (11日12時半~、佐賀市水ケ江の西九州大学グループ健康支援センター=佐賀メディカルセンタービル1階)がん患者とその家族が集い、不安や戸惑い、恐れなどそれぞれの思いを語り合い、前を向くきっかけづくりを目指す。13時からは手作りの簡単クッキー講座、14時からは試食・親睦・交流会。臨床心理士や医療ソーシャルワーカー、がん相談員もおり、希望すれば個別相談(要予約)も可能。

 定員は30人(受け付け順)。参加料は300円(茶菓子付き)。申し込みは8日までで、フリーダイヤル0120(246)388=平日9時半~13時、14~16時半。

 ◆上峰がんサロン「とっこら~と」

 (24日13時半~15時半、上峰町前牟田13の料理教室「とっこら~と」)がん患者やその家族、がんに関心のある方が集まり、体験を共有し、おしゃべりを楽しむ。がんの治療や再発の不安、生活上の悩みなどについて専門職が相談に応じる。参加無料。馬場さん、電話090(5023)8587。

 ◆オストメイト相談会&情報交換会

 日本オストミー協会県支部は人工肛門・人工ぼうこうを保有する人を対象に、日常生活での情報交換などを目的とした交流会を開く。3月の会場、日時、問い合わせ先は次の通り。

 ▽鹿島会場 8日10~12時、鹿島市高津原の市民交流プラザ、電話090(2719)3485(冨永さん)

 ▽鳥栖会場 13日10~12時、鳥栖市元町の市社会福祉会館、電話090(8916)9506(古賀照雄さん)

 ▽佐賀会場 14日10~12時、佐賀市嘉瀬町の県医療センター好生館、電話090(8410)0770(山田さん)

 ▽唐津会場 20日9時半~12時、唐津市東城内の市障がい者支援センターりんく、電話090(4510)7503(古賀吉光さん)

 ▽小城会場 26日10~12時、小城市小城町のひらまつ病院、電話090(7294)2511(眞子さん)

 ▽神埼会場 27日10~12時、神埼市神埼町の市中央公民館、電話090(8916)9506(古賀照雄さん)

 ▽伊万里会場 28日9時半~12時、伊万里市立花町の市民交流プラザ、電話090(4510)7503(古賀吉光さん)

イベント

 ◆小柳酒造蔵開き

 (16日10時~16時、小城市小城町の小柳酒造)新酒の試飲ができ、当日限定の新酒も購入できる。青竹に酒を入れて温めた「かっぽ酒」、おでんや鯉(こい)こく、カレーライスなどの食事も楽しめる。電話0952(73)2003。

みんなの表彰

 ◆JAバンク佐賀窓口ロールプレイング大会(2月16日、ドゥイング三日月)

 最優秀賞 JAさがさくら出張所(西原歌純、浦郷かおり所長)▽優秀賞 JAさが神埼支所(龍ヶ江純美、大坪崇基課長)▽優良賞 JA佐賀市中央神野支店(荒木絵美、中村幸司支店長)▽農林中央金庫特別賞 JA伊万里山代支所(松永茜、浦郷徹支所長)

このエントリーをはてなブックマークに追加