独身プリンを作った藤内宏幸さん=神埼市神埼町

 ○…神埼市で独特な名前のプリンが誕生した。その名も「独身プリン」(税込み200円)。給食委託業務を手掛ける「シオれもん」(西川進一社長)で働く調理師の藤内宏幸さん(44)が開発、2月に櫛田の市で初出品したところ売れ行きが好調だった。

 ○…「神埼を盛り上げるために、何かできないか」という西川社長の提案がきっかけ。元々、フレンチのシェフだった藤内さんは「プリンを作って売りたい」と伝えた。プリンを作った藤内さんは独身。同市内の「やぐら寿司」が手掛ける「人妻プリン」は知名度が高く、そこにあやかったネーミングとなった。

 ○…「味には自信がある。愛情を込めている」と藤内さん。濃厚な味わいだが、のどを通るときにはあっさりしていてくどさがない。櫛田の市でしか買うことができないプレミア商品。「女優の井川遥さんのような女性が好み」という藤内さんが作る限定プリンを、2日の櫛田の市で味わってみては。(小部亮介)  櫛田の市

このエントリーをはてなブックマークに追加