磁力に強い新たな通帳の見本(上)。従来品と外見は変わらない

 佐賀銀行(佐賀市、坂井秀明頭取)は5日から、スマートフォンなどからの磁力の影響を受けにくい通帳を導入する。顧客の利便性向上につなげるのが狙い。

 スマートフォンや携帯電話、バッグの留め具に使われる磁石が原因で通帳が使えなくなるという声が、これまで月5千件ほど寄せられていたという。

 導入するのは、Hi-Co(コイコ、高抗磁力)通帳。高い磁力が施されるなど通帳の裏面がこれまでより強化されたという。普通預金や総合口座、年金受取専用総合口座、カードローンの通帳4種類が対象となり、新規開設、繰り越し時に切り替えていく。

 同行の担当者は「故障でお待たせする時間を減らすことになる。コストダウンにもなるだろう」と話す。

このエントリーをはてなブックマークに追加