2月に無所属の新人2人が相次いで出馬を表明し、選挙戦の公算が大きくなった。定数ちょうどの現職11人は全員が再選を狙っており、少数激戦の様相を見せている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加