県内初となるプロのムエタイ大会「大和-YAMATO-16佐賀大会」が3日午前10時から、みやき町の三根体育館で開かれる。同町出身選手らが本場タイの迫力が味わえる熱戦を展開する。

 ムエタイはタイ発祥の格闘技。キックボクシングと似ているが、肘打ちやひざ蹴りなどが認められており、迫力ある試合を楽しむことができる。

 大会はプロ10試合、アマチュア13試合を開催。同町出身の兄弟、古村匡平選手(19)と古村光選手(18)も出場する。兄の匡平選手はプロ11戦で10勝1分5KOと負け知らず。弟光選手は今年、1ラウンド48秒TKOの鮮烈なプロデビューを飾った。両選手とも初の地元凱旋(がいせん)試合で気合が入っている。

 チケットは4千円(前売り3500円)。問い合わせは古村兄弟後援会の大石会長、電話090(7531)1200。

このエントリーをはてなブックマークに追加