ハコベに埋もれながら新芽を伸ばすヨモギ。

 旧暦のお正月を過ぎると、春らしさが日に日に増していきます。今年はいつもよりテンポが速くて、暖かいのはうれしい半面、何か恐ろしいことでも起きるような気がして何となく落ち着かないこのごろです。

 気温が上がると、野菜も一気に花芽をつけてトウ立ちします。春先は畑で収穫できる野菜も少なくなります。しかし、ありがたいことに足元にはいろいろな食べられる野草がワサワサと茂り始めます。

 早速ヨモギを摘んで、すりおろしたレンコンと粉を混ぜてヨモギナゲットを作りました。軟らかい新芽を摘みますが、繊維が多いので、ゆでてあく抜きをした後、包丁でたたくようにして細かく刻んで使います。

 子どものころ、転んでけがをするとヨモギを摘んで傷に当てていたのが懐かしいですが、さまざまな効能があるそうで、春になると積極的に料理に使うようにしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加