01/第29回 牛尾(うしのお)梅まつり

春の訪れを感じよう 牛尾山を彩る5000本の梅
 2月中旬から3月上旬になると、牛尾山一帯には約5000本の梅が咲き誇り、一足早く春の訪れを告げます。開花にあわせ、毎年3月初頭に三里地区の梅生産者と地域住民が中心となって開催する「牛尾梅まつり」では、イベントが盛りだくさん。牛尾山の梅を使った加工品や農産物の販売のほか、豪華景品が当たる抽選会やコンサートが行われます。梅林そばの牛尾神社では豊作祈願の巫女(みこ)の舞の奉納、イベント会場では郷土芸能の「小城太鼓」が披露され、地域の歴史や文化を体感できます。

DATA
小城市小城町三里(牛尾神社境内、牛尾山頂駐車場)
期 間 3月2日(土)9:00-17:00、3日(日)9:00-16:00
駐車場 小城公民館三里支館・竹下製菓 ※各駐車場から無料シャトルバス運行
問い合わせ 梅まつり実行委員会 電話 090-3900-3923(富永)
                   090-3199-8378(木下)
      農林水産課農政企画係 電話 0952-37-6125(平日)
H P http://www.city.ogi.lg.jp※梅の開花状況も更新
牛尾梅まつり イベント
3月2日(土)
9:30  オープニング
12:00 小城棒踊り
12:30 豪華景品大抽選会
    1回目(全4回)
13:30 芦刈音頭&小城音頭

3月3日(日)
10:30 牛尾神社 巫女の舞
    「浦安の舞」
11:00 豊作祈願(牛尾神社 本殿)
11:30 小城太鼓
14:00 お楽しみコンサート
牛尾梅林は、「白加賀」「三徳」「鶯宿(おうじゅく)」の3品種からなる
地元の子どもたちも自分で収穫した野菜や、加工品を販売する

 

《見どころ》 「牛尾梅まつり」は平成2年からまちおこしの一環として始まりました。梅の香りを感じながら、小城の1日をゆっくりと過ごしてください。神社そばには地域の店が出店するので、食事や、農作物・加工品などの買い物も楽しめます。天気が良ければ、山頂から小城の町が一望でき、阿蘇山が見えることもありますよ。
取材協力:三里牛尾梅まつり実行委員会事務局 貝原啓之さん

 

 

02/Hungry bowL 2nd(ハングリー ボウル セカンド)

「名物!鉄板牛カツ定食」(1200円)。サラダ、みそ汁付き。カツは、1枚600円で追加も可能
「九州産ZAKZAKチキン南蛮丼」(850円)。サラダ、みそ汁付き。自家製のタルタルソースとカラッと揚げたチキンが絶妙にマッチ

 

人気丼専門店の2号店 豊かなうま味の牛カツが自慢
 佐賀市の丼専門店「Hungry bowL」の2号店が昨年12月にオープン。「おしゃれな空間でガッツリ食べてほしい」と、ボリュームたっぷりの丼やカレーを提供しています。そのほか、牛カツやハンバーグ定食は1号店にはなく、ここでしか食べられない必食メニュー。「名物!鉄板牛カツ定食」は、精肉店に勤めた経験をもつ店主が厳選した牛肉を絶妙な火入れで揚げ、レアに仕上げています。肉のうま味たっぷりながらも脂身が少なく、あっさりとした後味。マスタードソース、肉ダレ、わさびなど好みの味付けでどうぞ。食後には自慢の自家製スイーツもぜひ。

DATA
小城市三日月町長神田1055-1 ☎0952-37-7004
営 業 11:00-22:00(21:00L.O.)
店休日 火曜
駐車場 あり
F B 「Hungry Bowl」で検索
座敷なので足を伸ばしてゆったりと食事ができる
香りも味も濃厚な「ガトーショコラ」(400円)。テークアウトもOK
店主の澁田克隆さん。「味もやわらかさにも自信がある肉を使っています。今後はサイドメニューも増やしていきたいですね」
駐車場もひろびろ。ランチやカフェ、宴会などいろいろなシーンで使いたい

 

 

03/Pain sucre(パン シュクル)

パン好きもうなるベーカリー アイデア光るパンが並ぶ
 かわいらしい雰囲気の店内で、約70種類のパンを販売。長年各地で修行してきた店主の佐藤友太さんは「パン好きの人のために本当においしいパンを届けたい」と試行錯誤を重ね、工夫を凝らした新しいパンを次々と焼き上げています。有名店の明太子(ルビ:めんたいこ)を使った「明太好きの明太フランス」は、端から端までソースたっぷりで、大満足の一品。野菜が苦手な子どものために野菜ペーストと生クリームで作った「生スコーン」も、しっとりとした新食感が好評です。

1:明太子とパンの食感を楽しめるよう工夫した「明太好きの明太フランス」(330円+税)/2:日本酒「純天山」を使った「ショコラシュトレン」(2500円)は、天山酒造とのコラボ商品。2月末まで予約受付中 ※写真は一切れ/3:もちもち食感とやさしい甘さが特徴の「もちもち豆乳食パン」(290円+税)。乳製品、卵不使用/4:サクッとした生地のパンにあんこと発酵バターをサンドした「あんバター」(170円+税)
DATA
小城市小城町281-1-2 ☎0952-37-1744
営 業 8:00-18:00
店休日 日曜
駐車場 8
H P http://painsucre.com
I G 「painsucre.ogipan」
白とレンガ調の壁がかわいらしい外観。オレンジの看板が目印
人気のパンは焼き上がりと同時に売り切れることも
カラフルな「生スコーン」(各150円+税)がずらりと並ぶ
店主の佐藤友太さん。「アレルギー持ちの人でも食べられるパン、旬の食材を使った季節限定のパンもありますよ」

 

04/café naa-rak(カフェ ナーラック)

本場の食材を使った タイ式グリーンカレー
 本場タイと県産の食材を組み合わせたタイ料理が楽しめるカフェ。スパイシーな本格派グリーンカレーが味わえる「タイカレーセット」(ランチ限定)が看板メニュー。最も辛いと言われる唐辛子・プリッキーヌのペーストとココナッツミルクを合わせたスープに、ナスや鶏肉、ヤングコーンなどがごろりと入った、食べ応えあるカレーです。武雄産レモングラスや、パクチーを散らしたヤムサラダの爽やかな味が辛さを和らげてくれそう。タイ式の海鮮揚げ春巻き「ポーピアトート」はパリパリの食感を楽しんで。

DATA
小城市牛津町牛津801 ☎0952-66-6456
営 業 11:30-17:00(16:00L.O.) ※ランチは15:00L.O.
店休日 木・日曜、祝日
駐車場 商店街の駐車場利用
その他 小学生以下は入店不可、月に1回店内で「カフェ3pei」のイベントを開催
IG、FB 「カフェ ナーラック」で検索
異国情緒あふれる空間。店内には東南アジア方面の地図や情報誌がたくさん。自由に読んでみて
牛津高校の目の前。商店街の駐車場からすぐ近く
「インドチャイ」(480円)。インド式に煮だしたミルクティーにジンジャーをたっぷり
「ポーピアトート」(単品 500円)。エビやニラ、キノコが入った海鮮揚げ春巻きはスイートチリソースにつけて
「タイカレーセット」(1200円)。ヤムサラダ、ポーピアトート、ジャスミンライス、メープルコーンのミルクソフト、嬉野和紅茶またはコーヒー付き

 

05/Sweets Labo Tem.de Suc.(テムデサック)

情緒あふれる古民家 絶品スイーツでティータイム
 昨年4月、小城市の人気洋菓子店が移転オープン。築100年以上の古民家の一角で、添加物を使わない生ケーキや焼き菓子を販売しています。週末にはカフェも営業。趣ある店内で、週替わりのケーキ、自家製キャラメルで作ったフィナンシェなどがセットになった「Tem's プレート」や、植物性の素材のみを使ったスイーツが付く「マクロビプレート」などが味わえます。その日のケーキにぴったり合った茶葉で、ティーアドバイザーが入れてくれる紅茶もおすすめ。スイーツを味わった後は、隣のショップで買い物もいかが。

DATA
小城市三日月町久米2120-2 ☎0952-72-7277
営業 11:00-18:00 ※カフェは金・土・日曜のみ営業
店休日 月・火曜
駐車場 あり
その他 生ケーキは予約制
H P http://temdesuc.com
F B 「Tem.de Suc.」で検索
なめらかな口当たりの「瓶詰めチーズケーキ」(400円+税)。添加物の入っていな   いチーズときび砂糖を使用。素材のやさしい味が楽しめる
オーナー兼パティシエの次富あすかさん。「こだわりの紅茶とお菓子でのんびりお過ごしください」
同じ古民家内には、古民家再生などを行う事務所兼ショップ「room design factory」がある
約7種類の焼き菓子が日替わりで並ぶ(140円~)。写真は、紅茶の茶葉入りの「マクロビオティックティークッキー」(左)、全粒粉を使った「ロミアス」(右)
「room design factory」では人気の家具「カリモク60」を扱っている
「Tem's プレート」(1300円+税)。週替わりケーキ、自家製キャラメルのフィナンシェ、ドライフルーツ、紅茶またはコーヒー付き
このエントリーをはてなブックマークに追加