日本磁器発祥の地、西松浦郡有田町の泉山磁石場で31日夜、町民らが絵付けした碗灯4000個で、有田焼伝統の文様を描くイベントが開かれ、有田焼創業400年にあたる2016年の幕開けを祝った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加