九州電力から使用済み核燃料の乾式貯蔵について説明を受けた伊万里市議会=同議会

 伊万里市議会は27日、九州電力が玄海原発(東松浦郡玄海町)で計画している使用済み核燃料の乾式貯蔵施設の新設と貯蔵プールのリラッキング工事について、九電から説明を受けた。議員からは、核燃料サイクルの行き詰まりによる使用済み核燃料の長期滞留を懸念する声が出た。

 九電が1月、原子力規制委員会に計画の認可を申請したことを受け、議会が説明を求めていた。九電からは林田道生・玄海原子力総合事務所長らが出席した。

 計画通りに使用済み核燃料の貯蔵容量を増やすことで運転可能期間が何年延びるか質問があり、林田所長は「(現状の5~7年に加え)あと15年弱は運転できるようになる」と答えた。

 「国民のほとんどが将来的には原発をなくした方がいいと思っているのに、原発を続けていくつもりなのか」との問いには、林田所長が「原発と再生可能エネルギーを組み合わせたベストミックスでやっていきたい」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加