原発に反対する市民団体「玄海原発対策住民会議」は27日、九州電力玄海原発が立地する東松浦郡玄海町の脇山伸太郎町長宛てに、使用済み核燃料の保管容量を増強する工事に反対するよう求める要請書を提出した。

 要請書では、使用済み核燃料を保管する乾式貯蔵施設の新設と、玄海3号機の燃料貯蔵プールの容量を増やすリラッキング工事への反対を訴えている。

 成冨忠良会長らは、使用済み核燃料を再利用するための工場が未稼働な点に触れ「核燃料サイクルは破綻している」と指摘。他のメンバーも「使用済み燃料は玄海町だけの問題じゃない」とした上で「町長の考えを聞きたい」と面談を迫った。

 西立也統括監は「町長が議会対応のために時間が取れなかった」と回答。町は、脇山町長が後日、住民会議メンバーと面談する意向を伝えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加