チーズやツナなどの具材を乗せてピザ作りを楽しむ親子=吉野ヶ里町の松本農園

 吉野ヶ里町にある観光いちご農園「松本農園」(松本茂代表)で22日夜、地域や世代を超えた交流会が開かれた。同町内やみやき町、佐賀市、小城市などから約40人が参加。ピザ作りの体験や食事を通して、笑顔で交流を深めた。

 約1年前、農園を訪れた「さが地域ッズサポーター」の原さゆりさん(みやき町)が松本さんのさばいたイノシシ肉を食べ、その味にほれ込んだことがきっかけ。

 地域を超えた居場所づくりを考えた原さんが「何かイベントをしたい。おいしいイノシシ肉を食べたい」と要望し、松本さんが「食べたいと言われたらノーとは言えないよ」と快く受け入れた。

 この日は、家族連れなども多く足を運んだ。「仲間内ではよくするけれど、こういう幅広い世代が集まるような形は初めて」と松本さん。参加者は自分たちで作ったピザや、松本さんがさばいたイノシシ肉、イノシシのバラ肉と大根を煮込んだ「シシ大根」に舌鼓を打っていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加