2008年12月31日夜、東京・日比谷公園。寒空の下、年越しそばを待つ長い列ができた。仕事や家を失った労働者のために立ち上げられた「年越し派遣村」。年始にかけての5日間で500人を超える失業者が利用。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加